こころ・からだ・言葉の専門家(臨床心理士・整体師・プロコーチ)が構築 『ストレスセルフケア講座』

講師紹介

丸野 博和 (まるの ひろかず)

画像の説明
ストレスセルフケア講座・メイン講師
担当 ストレスリリース体操

からだ・こころ・魂のケアを志す整体師・気功家 
カイロプラクティック「木の丸庵(このまるあん)」代表
まちづくりNPO、NPO法人Lab蒲生郷・副理事長(カモコレを主宰)
鹿児島高専 非常勤講師
姶良市公民館講座講師(H24ストレスセルケア講座、H24~27気功教室)
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー

鹿児島県の姶良市蒲生郷に根差しながら、体・心・魂の軸を整え『楽』に生きる方法を伝えている。
夢は多くの人が蒲生に訪れ、「蒲生で生き返りました」と微笑む人を多く生み出すこと。

<座右の銘>
安心立命

<これまでの講座タイトル>
テーマ
・『身体から心を整えるストレスセルフケア』
・『夢の持ち方・叶え方』
・『本田圭佑選手から学ぶ成功哲学』
・『傷つかない!傷つけない!コニュニケーションのコツ』
・『マインドフルネス・ストレス低減法のすすめ』

ストレスセルフケア受講生の方からもらった言葉
「丸野さん 今、毎日、幸せですがよ。
先日、母のイライラが治まって平安がくるように祈りました。」
この言葉にえもいわれぬ嬉しさを感じました。

なぜ、このような講座を開催しているかというと
20代後半に心のバランスを崩して、うつを経験しました。

その後、仕事を変えて、カイロプラクターの仕事を始めました。
12年間で延べ18000人以上の施術を行ってきております。

その中で、体に症状がある人は心にも何かを抱えている場合が
多いと感じ始め、心の学びも真剣に始めました。

それらの集大成として、ストレスセルフケア講座を
創り上げました。

かつての私のように
自分を責めてしまう傾向にある方や
楽しかったことを聞かれてもなかなか思い出せないような方に
この講座を通じて会って行きたいと思っています。

「人は変われる存在です」

あなたが、ご自身は変われる存在だ ということを実感するその日を
共に迎えることを、とても楽しみにしています。
 

佐々木浩介 (ささき こうすけ)

画像の説明

担当講座 「人はなぜうつになる」
~ウツは病気ではなく、状態である~

臨床心理士
スクールカウンセラー
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー
オーラソーマカラーセラピスト

<座右の銘>
「笑顔になれば、なんでもできる。」

敢えてフリーランスという形で仕事をすることを選んでいます。

今回このストレスセルフケア講座に関わることで
病院、企業、学校でのカウンセリングの場で
会えない人に、人が自由になることを伝えていきます。

笑顔を忘れてしまいがちなあなたに
この場で出会い、笑顔を取り戻すお手伝いができたら
僕は嬉しくてたまらないと思います。

人が笑顔を取り戻すと
自分でも予想できないくらいの展開が待っていると
たくさんの臨床の現場で感じてきました。
「笑顔になれば、なんでもできる。」

そう心の奥のどこかで
信じたいあなたに、会いたいです。

閏 ひさみ (うるう ひさみ )

画像の説明
ストレスセルフケア・サポート講師 講座プロデュース

NLPライフコミュニケーション研究所 代表
共創ぐるぐる会議コンサルタント
Cosmic-vision lessons 主宰
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー

<好きな言葉>
人は逢うべき人には 必ず逢える
しかも
一瞬も早すぎず 一瞬も遅すぎず

毎日が苦しくて苦しくてたまらなくって、
自分の価値を全く見出せず
どこかに行ってしまいたくなったら、
全てをその場において
鹿児島にいらっしゃればいいのにと
東京出張の際に人身事故の表示を見るたびに思います。

その一歩前に鹿児島にきて、一息ついて
知覧の特攻基地や絶え間なく噴火する桜島を眺めて
温泉に浸かって、空を眺めてもらいたいのです。

ただ、今までとは違う時間の流れを感じて欲しいのです。

このストレスセルフケア講座に関わっている
丸野講師のストレスリリース体操を作った気持ちも
佐々木講師のウツのメカニズムを教えたい気持ちも
根っこは共通していて
「皆さんの健やかな毎日のために、
 もっと柔軟な違う視点を取り入れて欲しい」なのです。 

メンタルヘルス不調の未然防止にコミットした当研究所を
皆さまの職場にお役立てください。

お問い合わせ
ホーム

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional