こころ・からだ・言葉の専門家(臨床心理士・整体師・プロコーチ)が構築 『ストレスセルフケア講座』

「うつ状態との付き合い方」という所に興味がありました 

「うつ状態との付き合い方」という所に興味がありました 

「うつ状態との付き合い方」という所に興味がありました(受講者アンケートから) 

2013年10月15日 第16回ストレスセルフケア・ミニ講座

「臨床心理士が教えるうつ状態との付き合い方」
受講者アンケートをご紹介いたします。
臨床心理士 佐々木浩介講師

※ 掲載に関してご快諾いただいた方のみの表記となります。

( 30代 女性 ) 
「うつ状態との付き合い方」というところに興味がありました。

うつの回復のメカニズム・グラフを使った説明が
とてもわかりやすくてよかったです。
セロトニンの出し方(ぼーとすること 目を使わない 耳を使う 手を使う 規則正しい生活)は、日常的に意識的にとり入れていきたいなあ と思いました。

( 40代 女性 )
ウツをきちんと知りたかった
ヒントを沢山もらえました 家族や周りの人にも伝えたい
ウツを理解し周りの人に気をかけていきたい

( 30代 女性 ) 
自分や身近な人へのストレスやうつに対する
接し方を知りたかったので参加しました。
症状だけでなく、病理的なコトがわかってよかったです。
身近な人にわかりやすく伝えていきたい

皆さま、ご参加ありがとうございました。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional